スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

最近面白かったゲーム(2017/05/29)

1.キングドミノ(暫定評価:7)

 2017年のSdJにもノミネートされた軽めのタイル配置ゲー。どのタイルを選ぶか、どこに配置するかのジレンマがシンプルなルールに凝縮されている。
 めちゃくちゃ面白いという感じではないけど、軽く緩く遊びたいときに重宝しそう。それなりにゲーム慣れしているなら、ヴァリアントルールの中央王国と調和は入れないと恐らく物足りない。


2.FUSE(暫定評価:7)

 リアルタイム協力ゲーム。ダイス振ってカードに描かれた条件を達成し、爆弾を解除していく。リアルタイムゲーのためどうしても冷静な判断が難しい。iOS、Androidに対応した素敵な専用アプリがあり、カウントダウンの雰囲気とスコアの記録がいい感じ。


3.電力会社(暫定評価:8)

 発電所の競りとネットワーク構築の熱いゲーム。他のゲームに比べると確かに数値計算が多めに必要だが、ある程度まではどんぶり勘定で拡大再生産の傾斜だとか発電所の対費用効果を考えるくらいでも充分な気も。
 さすがに最終盤は詰将棋的にギリギリの計算が必要になるが、頭のなかでソロバンを弾いて最善と思われる手を打てたときの快感は筆舌に尽くしがたい。
 『蒸気の時代』を遊んだときにも感じたが、やはり時代を越えて名作と呼ばれるゲームは、それに足る面白さを備えているなと改めて痛感した。


4.ルールの達人(暫定評価:7)

 ルールカードと数字カードを各プレイヤーが一枚ずつ出し、ルールカードの条件を達成できていれば得点になるゲーム。ルールの中には条件がぶつかり合うものや協力を促すようなものが上手く混ぜられており、また同じルールは重複して出せないルールのため読み合いが熱く悩ましい。
 今回は3人戦のためダミープレイヤーが2人入るが、そこの運も僕は悪く感じなかった。3人でも充分読み合いになり、補充やダミーの運もちょうどいい印象。4人や5人でも遊んでみたい。


5.コードネーム(暫定評価:7)

 2016年のSdJノミネート作。チーム戦のワードゲーム。
 前回遊んだときはワードを考える時間がかかり気味でどうなのかなーと思ったが、ちょっと難解めなコミュニケーションゲームがしたいなら充分許容範囲だった。
 他のワードと関連しにくく、自陣営にだけ上手く伝わるワードを考えられると楽しい。

最近の気になるゲーム(2017年ゲームマーケット春)

ゲームマーケットが近づき色々と面白そうなゲームが発表されているため、中でも個人的に気になるゲームをピックアップして紹介したい。



◇ニューゲームズオーダー

 ◆六次化農村
 第2回東京ドイツゲーム賞にて受賞し、今回発売される。生産、加工、販売を繰り返しながらお金を稼ぐ2時間級のゲーマーズゲーム。投票があったり意外とインタラクションがベタベタしそうだったりと色々ありますが、僕がとやかく言うより製作者の方々の書かれた記事をご覧頂いた方が魅力が伝わるはず! あとは生産数が限られる可能性があるのでピコーン! ときた方は買い逃しがないようご注意を。

 参考リンク:
「六次化農村」をゲームマーケットで発売致します。 - B2FGames
「六次化農村」ゲームマーケット取り置き予約を受け付けます。 - B2FGames
解説! 「六次化農村」ってこんなゲーム: 数寄ゲームズ


 ◆ハツデン
 『六次化農村』と同様に第2回東京ドイツゲーム賞にて最終候補となった作品。『六次化農村』がゲーマーズゲームなのに対してこちらは公称30分の二人用カードゲーム。作者は昨秋のゲームマーケットで『TOKYO HIGHWAY』を発表し、話題となったittenさん。素敵なアートワークと手軽に誰でも楽しめそうなシンプルなルールが魅力。

 参考リンク
ゲームマーケット2017春にて、第2回東京ドイツゲーム賞最終候補作品「ハツデン」を発売します。 - B2FGames



◇カワサキファクトリー

 ◆ルールの達人(新装版)
2007年に発売された同タイトルのリメイク。アートワークがTANSANさんとなり非常に素敵に。様々なルールが出て来るのでそのルールを達成していく、セットコレクションのようなゲームらしい。非常にユニークで、是非一度遊んでみたい。

 参考リンク
カワサキ工場長/ルールの達人さんのツイート
カワサキファクトリー■製品紹介・ルールの達人



◇Moaideas Game Design

 ◆箱庭鉄道
 『ポンジ・スキーム』や『歴史悠久』、『鋼鉄と火薬』、『デザインタウン』を手がけてきたMoaideas Game Designからは株と鉄道の『箱庭鉄道』が発売される。原題は『Mini Rails』だが、どうやら箱のサイズのことではなく、1時間程度に凝縮されたプレイ時間のことらしい。個人的にはパッケージのアートワークがめち…