スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

最近の気になる/欲しいゲーム

最近の気になるゲームや話題の新作、今から発売の楽しみな作品を独断と偏見でまとめてみました。


1.シヴィライゼーション:新たな夜明け(ホビージャパン)
 昨年のエッセン新作。6時間ほどかかっていたシヴィライゼーションが、公称60分で帰ってきた! 待望の日本語版がこちらも今夏発売予定とのことで、購入予定です。

2.テオティワカン(テンデイズゲームズ)
 「ツォルキン」や「マルコポーロの旅路」で知られるダニエレ・タスキーニ氏の新作。日本語版が告知されました。画像を見ると牌のような立体的なコンポーネントが目を引きます。

3.センチュリー:イースタンワンダー(アークライト)
 センチュリー3部作の2作目。スパイスロードが悪くなく、本作と組み合わせて楽しめるギミックに心を奪われてしまったため買います。

4.大鎌戦役 拡張:フェンリス襲来(アークライト)
 大鎌戦役の最終拡張。大好きな大鎌戦役でキャンペーンゲームができたりするようで、これはもう買うしかありません!

5.クアックサルバー(アークライト)
 「クヴェードリンブルクのヤブ医者」とも呼ばれている、KdJのノミネート作です。ありそうでなかった運を楽しむタイプのバッグビルド。軽くて楽しそうな作品で、気になっています。

6.ペーパーテイルズ(エンゲームズ)
 ヴォーパルスのリメイク。すでに日本語版が発売済みです。ヴォーパルスを持っていてこの機会に3回ほど遊んでみたところ、どの回も面白かったため購入予定です。売れ行き次第では拡張も日本語版になるのかも?!

7.ウェルカムトゥ(Engames)
 カード+紙ペンゲーム。選択肢が3つあり、紙ペンゲームの中では自由度が高いことが受けているのかも? 非常に面白そうで、国内流通が楽しみな作品です。

8.グレート ウェスタン トレイル:レイル トゥ ノース
 グレートウェスタントレイルの拡張。購入するかはもう少し基本ゲームを遊んで確かめてからにしたいですが、俄然気になる作品ではあります。

9.アズール:ステンドグラス オブ シントラ  アズールの続編的作品とのことです。パズルの苦手な自分もアズールは楽しめたので、こちらも気になります。アズール同様、ホビージャパンさんが日本語版を取り扱いそうな気がします。
10.セブンワンダー:アルマダ  邦題「世界の七不思議」の拡張。海軍ボードが追加された…
最近の投稿

最近面白かったゲーム(2018/07/09)

1.コロレット(評価:9/10)

 言わずと知れたシャハトの名作小箱。
 シンプルなルールで、シャハトらしい切れ味とジレンマが楽しめます。

 やることは簡単で手番では「1枚山札からめくっていずれかの列に配置する」「いずれかの列を引き取ってそのラウンドから降りる」のどちらかを行います。
 これを繰り返し、終了ラウンドカードが出たらそのラウンドで終わりです。
 最終的に手元のカードのうち3色だけが得点、残りの色は減点となり、最も得点を稼いだプレイヤーが勝者となります。

 たったこれだけなのですが、如何に相手に得点させないか、自分の得点になるようにするかが悩ましい作品です。いつ遊んでも楽しい傑作です。



2.オーマイグーッズ!(評価:7/10)

 プフィスターの小箱ですが、小箱ながら中量級に匹敵するほど歯ごたえのあるゲームです。

 ルールは4つのフェイズからなり
 ・手札を補充する(望むのであれば補充前に手札を総入れ替えしてもよい)
 ・太陽マークが2つ出る(日が昇る)まで山札をめくり、今日の仕事と建設予定を決める
 ・太陽マークが2つ出る(日が沈む)まで山札をめくる
 ・仕事結果に応じた生産と、建設または助手の雇用
 を行います。
 日が昇る/沈むときに並ぶリソースを予想と、生産時の連鎖を考えて仕事と建設予定の選択するのですが、これが悩ましくも楽しいです。

 小箱にしてはルールが多めですが、30~60分しっかり楽しめる作品です。もう少し繰り返し遊んでみたいです。



3.スシゴーパーティ(評価:8/10)

 お手軽ドラフトゲームの名作、スシゴーの豪華版。
 ボードが追加されて得点の記録がしやすくなり、ランダムサプライによって毎回新鮮な気持ちで遊べるようになりました。

 ゲームはスシゴーとほぼ同じで、手札から一枚選んで同時に出し、残った手札を隣へ回します。出したラウンド終了時にラウンドをまたぐカード以外の得点を数えて記録し、同様に繰り返します。
 ゲーム終了時、最も点数の高いプレイヤーが勝利します。

 シンプルにドラフトを楽しめるスシゴーも素晴らしかったですが、こちらもランダムサプライなので何度もリプレイしたくなります。文句なしに楽しいゲームでオススメです。

2018年上半期のイチオシ10ゲーム

2018年の上半期に初めて遊んだゲーム33個のなかから、個人的なイチオシを10ゲームご紹介します。



・クランズ オブ カレドニア(記事1記事2

 特殊能力+陣取り+リソースマネジメントの傑作。
 見た目ほどルールは難しくなく、それでいて陣取りとリソース管理がジレンマたっぷりで最高です。



・ヴォーパルス(記事

 ドラフトゲームの名作。ながらく積んでしまっていましたが、最高のゲームです。運の絡むドラフトは拡大再生産せず、運の絡まない部分で拡大再生産するのが非常にうまい仕組みだと感じます。
 リメイクの「ペーパーテイルズ」の購入を検討しています。



・支離滅裂(記事

 手札を並び替えられない大富豪。パスが非常に戦略的で楽しく、それでいてわずかな特殊カードでドラマチックな展開も多く素晴らしいです。



・ザ マインド(記事

 ノーヒントの協力ゲーム。ゲームとしてはどうなんだという話もありますが、自分は面白く感じました。失敗しても成功しても盛り上がるのがいい感じです。



・ヴードゥープリンス
 写真は撮り忘れ! アンド記事をまだ書いてないです!!
 チキンレース+トリックテイキング。計画性とアクシデントのバランスが面白く、それでいてシンプルなルールが魅力的です。



・アルペンツィアン(記事

 ダイスドラフト+紙ペンゲーム。ダイスドラフトの悩ましさと、どこにアイコンを書き込むかのパズルが面白いですが、なによりアイコンとして絵を描き込むというのが非常にユニークです。



・でんしゃクジラ(記事

 麻雀のようなラミー系ゲーム。役と手札の枚数の都合が絶妙で、ちょっとしたパズルが楽しめます。



・パトロネージュ(記事

 山札からの引きを楽しむ運試しゲーム。触っているだけで嬉しいコインと木椀、眺めているだけで楽しい絵と金枠加工が最高です。



・ロレンツォ イル マニーフィコ(記事

 ダイス目共有のダイスプレイスメント。カードコンボを組むには複数種のカードを組み合わせたいのに点数は絞った方が高かったり、リソースも配置できるマス数もカツカツだったりとジレンマが強烈です。



・ネイションズ ダイスゲーム(記事

 ダイス+リソースマネジメント。ほとんどタイル効果の取捨選択だけなんですが、先のことを想定しながら選ぶのはなかなか難しく楽しいです。拡張入の方がプレイヤー間に初期資源等の差があるので…

最近面白かったゲーム(2018/06/25)

1.ムガル新版(評価:8/10)

 競り+株の傑作、ムガルの新版。

 旧版との大きな違いは「駅舎」という追加要素で、株券を売る代わりに駅舎を建てることができます。これによって競りに絡みたいときが増え、ただでさえヒリヒリした競りが一層熱くなっています。

 また、株券に付属している売却できる株券の種類が固定され、すっきりとわかりやすくなっています。
 コインは旧版に軍配があがりそうですが、コインをいれるための器がついている点は見逃せません。

 総じて旧版が好きなら買って損のない作品だと思います。コインは好み次第ですが、自分は旧版のコインと入れ替えて遊んでいます。



2.ハイソサエティ(評価:7/10)

 クニツィア氏のスマートな競りゲーム。

 シンプルな競り上げ式の競りですが、
 ・マイナス効果の競りがスパイスとして効いている
 ・金額の提示方法にほどよい縛りがある
 ・お金を使いすぎると脱落
 ・赤枠カードの出方次第で突然終わる
 などのルールが上手く機能した、美しいシステムが特徴的です。

 面白さがわかるまで自分は時間がかかりましたが、4,5人で残金のカウンティングが難しいくらいにして遊ぶのが良さそうです。



3.支離滅裂(評価:8/10)

 手札を並び替えられない大富豪。

 1巡で必ず流れますが、パスできる回数に制限があり、それを超えると脱落します。同様に最後まで手札が残ってしまっても脱落でライフが1減り、ライフがなくなったら負けです。

 手札をどうやって整えるか、どの順で出すかのパズル的面白さと、パスさせることを狙うか、早抜けを狙うかといった駆け引きの面白さが噛み合った作品です。
 手軽で落ち着いて楽しめ、それでいてドラマも起きる点は素晴らしく、アブルクセンなどと同様に手堅い面白さの小箱として重宝しそうです。

最近面白かったゲーム(2018/06/18)

1.ヴォーパルス(評価:7/10)

 国産ドラフトゲームの名作。リメイクのペーパーテイルズが話題沸騰中。長らく積んでしまい、遊ぶ機会を失っていたところ、ペーパーテイルズの評判を聞いてこれ幸いと崩すことに。

 ルールは思っていた以上にシンプルで
 1.ユニットをドラフト→配置する
 2.戦争(ユニットの戦力を比較)し、勝利点を得る
 3.収入を得て、建物を建てる
 4.経年マーカーの乗っているユニットを捨て、まだ乗っていないユニットにはマーカーを1つ乗せる
 これを4ラウンド繰り返します。

 ドラフトと経年のシステムがうまく絡み合っていて非常に面白いです。
 運要素の絡むドラフトは経年によって2~3ラウンドほどでリセットされるのですが、建物はそうではないため少しずつ拡大再生産し、自分の取捨選択に納得感があります。

 非常に面白かったのでもう少し遊びつつ、ペーパーテイルズ日本語版の購入を検討したいと思います。



2.P.I.(評価:9/10)

 論理パズル系ゲームの個人的傑作。意外にもワレスの作。

 ゲームは各プレイヤーごとに3つの要素(容疑者・場所・罪状)が割り当てられ、それをいち早く当てることを目指します。
 論理パズル系は主にメモが必要なことが多いですが、これはすべての情報がボード上とカードで示されるため、メモの煩雑さがありません。

 1時間ほどで運要素もそれなりの中量級論理パズルとしては美しいシステムで、非常にオススメです。

最近面白かったゲーム(2018/06/11)

1.でんしゃクジラ(評価:8/10)

 手軽なラミー系カードゲーム。
 ベースは麻雀に近く、一枚引いて一枚捨てるのを繰り返し、手札の絵柄を揃えていきます。9枚の絵柄を揃えたらアガリです。

 絵柄の完成に必要な枚数がそれぞれ2枚、3枚、3枚以上の3種あるのが面白く、どの絵柄を何枚で揃えれば手札の枚数がぴったり9枚にできるか、そして点数が高くなるかが悩ましいです。

 運要素も大きいですが、軽く遊ぶのにほどよいラミー系ゲームじゃないかと思います。僕は結構好みです。



2.ザ・マインド(評価:8/10)

 以前から話題で、SdJノミネートにも選ばれた小箱の協力ゲーム。
 ルールは簡単で、リアルタイムに手札を出し、昇順に数値を上げていきます。このとき情報の交換は一切できないため、感覚を研ぎ澄ませてプレイする必要があります。

 ゲームと呼べるのか不安になるルールですが、やってみるとこれが非常に面白いです。連番でも以外となんとかなり、完全クリアはともかく、それなりに協力できたという達成感は得られます。

 協力ゲームは失敗するとガッカリしてしまうようなこともありますが、これに関しては成功する方が難しいことがわかるからか、レベルが順に上がっていくからか、失敗したときの凹み具合が小さいように思います。

 ちゃんと面白く、それでいて鮮烈なゲームです。是非一度体験してみて頂きたい傑作です。



3.アンドールの伝説(評価:9/10)

 傑作ファンタジー系協力ゲーム。
 今回は3,4,5章を一息に遊びました。
 いくつかルールミスはあったものの、序中盤のほどよい取捨選択と、ボスの圧倒的な盛り上がりはまさに傑作と呼べる面白さでした。

 3章は繰り返し遊べるようになっていて、こちらもなかなか良い感じでした。運が悪かっただけかもしれませんが、使命の達成時にご褒美がなかったため、他シナリオの小目標達成時に比べると徒労感があるな、とは感じました。(※もちろん全体としての面白さに遜色はありません。)

 拡張も遊ぶ予定となっているため、まずはメインシナリオを通しで遊んでみたい傑作です。



4.ヴィアネビュラ(評価:7/10)

 ワレスのピック&デリバー+ネットワークビルド。しかしなんと1時間級!

 AP制ですが2APだけなのでテンポもそんなに悪くなく、ネットワークは相乗り形式なためなるべく自分の得になるように立…

最近面白かったゲーム(2018/06/04)

1.ロレンツォ(評価:7/10)

 リソースカツカツのワーカープレイスメント。
 ワーカーにパワーがあり、パワーは共有ダイスによって決まるため、実質的にはダイスプレイスメントではないかと思います。

 ゲーム的にはカードが中心で、どのカードを取得するかが大切になってきます。
 カードはおおまかに4種類に分類でき、1種類のカードを集めると大きく得点になりますが、獲得には他の種類がある程度必要になる絶妙さとなっています。

 ダイスが共通というのが面白く、通常のダイスプレイスメントよりも運要素が減り、他人のダイス目をいちいち確認しなくていいのは非常に遊びやすいです。またパワーを持たないワーカーだったり、エリアごとに一番手が少しずつ得だったりするのもリソース管理や早取りにアクセントを付けていて、楽しさも悩ましさもひとしおです。

 全体的にリソースはカツカツで、ワーカープレイスメントらしいアクションやカードの取り合いにフォーカスされた、明快さの気持ちいい作品です。


2.アルペンツィアン(評価:8/10)

 2018ゲムマ春の新作。ダイスを使った紙ペンゲーム。

 スタートプレイヤーがラウンドのはじめに全てのダイスを振り、その後手番ではダイスを一つ選び、5色あるマスから空いているところに選んだダイスを配置。対応する目を、自分のシートの対応する色に書き込みます。
 やることはたったこれだけなのですが、得点周りが非常によくできており、自分だけでなく他プレイヤーの書き込み状況を考えなければなかなか勝てないようになっています。

 ダイスゲームにしてはダウンタイム長めですが、シートへの書き込みにお絵描きを推奨しており、ちゃんと後から見てわかれば自由にマークを描けるのが面白いです。遊んでみて、「ダウンタイムが足りない」と言われるのも納得です。

 ダイスゲームらしい運の楽しさがあり、シートを埋めていく箱庭的楽しさがあり、お絵描きという根源的な楽しさがあり、それでいて取捨選択するジレンマの楽しさもある傑作だと思います。