スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

最近面白かったゲーム(2018/09/24)

1.ルールの達人(評価:7/10)

 それぞれのルールを達成することが目的のカードゲームです。
 シンプルながら、ルール間に協力を促したり逆に邪魔を促したりの抑揚があり、読み合いと手札管理が楽しいゲームです。
 タンサンファブリークさんのデザインも私好みでお気に入りの作品です。



2.クー(評価:7/10)

 以前遊んだ際は面白さがわからなかったのですが、最近何度か遊ぶ機会があり面白さがわかってきました。
 ゲームとしてはラブレターなどに近い招待隠匿系です。手札として2枚の役職カードを持ち、これがなるべくばれないようにしつつ、最後の一人になるまで生き残ることが目的です。

 手番では様々なアクションから1つを選んで実行するのですが、特定の役職を持っていないと使えなかったり、特定の役職者から妨害を受けるアクションがあります。ただし手札は非公開情報なので、持ってない役職のアクションをしてもいいですし、持っていない役職として妨害をしにいってもかまいません。
 ブラフゲームの常で、もちろんこれらの行動をとったとき、該当の役職をみせるようチャレンジすることもできます。チャレンジ成功なら行動を取った側が、失敗ならチャレンジした側が手札を1枚失います。

 少し慣れてくるまではアクション内容を把握するのが大変ですが、慣れてくると様々な駆け引きがあり面白いです。もう少し遊びこんでみたい作品です。

最近の投稿

最近面白かったゲーム(2018/09/17)

1.スティールドライバー(評価:7/10)

 ネットワークビルド+競り+株。ワレス作。90分ほど。
 毎ターン配られる投資金は増えず差がつかず、それでいて会社の価値はどんどん移り変わっていくため、支配権や株の争奪戦が激しくなります。
 ネットワークも競りも株も有機的に上手く噛み合っており、それでいて2時間足らずで終わるのは非常に好みで嬉しい作品です。



2.でんしゃクジラ(評価:7/10)

 ラミー系の簡単なゲームです。枚数可変を含む組みで手役を作るのは特徴的じゃないかと思います。
 運要素は強いですが、手軽でさっぱり遊ぶのにちょうどいい思考量に感じます。
 個人的には絵柄がきちんと揃うのがよく、揃ったときの満足感があります。



3.ペーパーテイルズ(評価:8/10)

 TCG風のドラフトカードゲーム。ヴォーパルスのリメイクです。
 いくらか調整がはいりましたが、3回ほど遊んだくらいの自分ではあまり変化を感じられませんでした。
 いろいろとアイコン化されたのが個人的にはうれしく、効果がわかりやすくなったように思います。
 まだまだ色んな戦略が試せそうで、しかもルールがわかりやすく時間ルール説明込60分足らずで非常に好みです。拡張の日本語版も予定されているようで楽しみな一作です。

最近の気になるゲーム(2018/09/10)

前回の気になるゲーム一覧の記事はこちら
前回の記事中に現在も気になっているものもありますが、今回は前回の記事でご紹介しなかったものに限ってご紹介たいと思います。

1.考古学カードゲーム
 フィル・ワーカー=ハーディング氏の軽めのセットコレクションです。聞くところによると二人用ルール? が面白いようです。

2.ヘンゼルかグレーテル
 OKAZUbrand氏の「はんか通骨董市」のアークライト版です。軽めのケーキ切り分け系ゲームで、こちらの版はイラストが非常に好みなので特に気になります。

3.レイクホルト
 ウヴェ氏のエッセン'18新作。公称30分~60分のワーカープレイスメントなので、比較的軽めのゲームなのかもしれません。こちらのサイトにすでにアークライトさんのルールがあるため、今冬辺りに日本語版が出そうですね。

4.Carpe Diem
 フェルト氏とアレアのエッセン'18新作。デザイナーも出版社も公称60分の中量級も好みとあって、特に気になる作品です。

5.ブルーラグーン
 クニツィア氏の新作。すでにアークライトさんから日本語版がアナウンスされています(日本語版公式サイトはこちら)。BGGではアブストラクトの表記があるため、もしかすると私の好みからは外れるかもしれませんが、気になる作品ではあります。

6.ザ・リバー
 「イスファハン」や「ジャイプル」、「メトロポリィス」のデザイナー、セバスチャン・ポーション氏の新作です。デイズ・オブ・ワンダーからの出版ということで、コンポーネントにも注目したいです。

7.キーフロー
 「キーフラワー」などで知られるキーシリーズの最新作です。なんだかんだで気になるシリーズです。

8.セイロン
 トリテ「コブラ」のデザイナーコンビによる新作です。残念ながら「コブラ」は遊ぶ機会がないままだったのですが、60分ほどの中量級でイラストとテーマが好みのため気になっています。

9.グリッズルド
 以前から気になっていた協力型カードゲームの日本語版が発売されました。これを期に買おうか悩んでいます。

10.おいてけオバケ
 アークライトさんから日本語版がアナウンスされ、急遽チェックした作品です(日本語版公式サイトはこちら)。クラマー&キースリングの名コンビによる新作であり、イラストも好みで気になります。

最近面白かったゲーム(2018/09/03)

1.クウィックス(評価:8/10)

 安定して楽しく遊べる、優秀な小箱のダイスゲーム。
 手番では白ダイス2つの合計と、白ダイス1つと色ダイス1つとの合計値を書き込んでいくことができます。

 ・必ず昇順に書き込む必要がある
 ・誰かが一番右のマスを埋めたときその列にはもう書き込めない
 ・一つの列に多く書き込むほど得点が高くなる
 ・いずれの合計値も書き込めないとペナルティで減点
 のいずれのルールもよく効いており、なにを優先してチェックしていくか悩ましいです。

 小箱のダイスゲームにほしい手軽さ、運と戦略のバランスが非常に好みで、これからも遊びたい作品です。

最近面白かったゲーム(2018/08/27)

1.ロンドン 第2版(評価:7/10)

 ワレス氏のレース・フォー・ザ・ギャラクシーとも言われる拡大再生産のカードゲームです。
 ルールは中量級らしくきれいにまとまっていて、手番では
 ・都市カードをプレイする(手札から自分の場に出す)
 ・都市を運営する(自分の場のカードを実行する)
 ・地区カードを購入する
 ・都市カードを3枚手札に加える
 のいずれかを行い、これを繰り返します。

 このゲームの面白いところは、借金と貧窮トークンにあると思います。
 どちらもゲーム終了時にマイナス点を生むためなるべく終了時までになくしたいですが、いずれも大きく拡大しようとするとつきまといがちです。
 そのため、どこまで借金や貧窮トークンを受け取って、ゲーム終了時までに少なくするかの計画性が問われます。

 総じて手札やお金などのリソース管理と、先述した計画性の楽しい作品です。今後も定期的に繰り返し遊びたいゲームです。



2.アルケミスト(評価:8/10)

 ゲームバランスをプレイヤーで作る不思議なゲーム。
 手番でやることは
 ・ポーションのレシピを作る
 ・他人の作ったレシピでポーションを作る
 ・ポーションの材料を獲得する
 のいずれかです。

 ポーションは作るのに必要な材料、作ったときに手に入る材料と得点で構成されており、レシピを作る際はこれをある程度自由に設定できます。
 しかしポーションを作るときに使えるレシピは他人の作ったものだけなので、材料や得点のバランスをよく考える必要があります。

 深い霧の中をゆっくり進むようなプレイ感で、なにをしたらプラスにつながるのかなかなか見通すことができません。ルールは簡単でやることも明確なのにこのプレイ感は独特で、私はとても好きなゲームです。

最近の面白かったゲーム(2018/08/20)

1.イリュージョン(評価:7)

 シンプルなクイズゲーム。話題のデザイナー、ヴォルフガング・ワルシュ作。
 カードに描かれた色の面積を昇順に並べていくゲームで、似たタイプのゲームだとタイムラインなどがそうじゃないかと思います。

 しかし、このゲームがすごいのはクイズゲームから言語依存や知識の差をとっぱらい、感覚だけでの遊びにした点だと思います。
 かなり幅広く遊ぶことのできるゲームで、日本語版が発売されて入手しやすくなれば(アークライト様から発売予定)、ちょっとした隙間などに遊びやすいゲームとしてひとつの定番になるんじゃないでしょうか。

 めちゃくちゃ面白くて新規性の高いゲームだとは感じませんでしたが、出しやすく遊びやすい非常に優秀なフィラーだと思います。

【紹介】ハイソサエティ

品よくお金を使うのが上流階級の証。使いすぎに気をつけて!


【評 価】8/10
【運要素】中。運だけでは勝てませんが、最後の勝敗は運次第なところも。
【戦略性】中。どこでどれだけお金を使うかの計画性が大切です。
【難易度】易。少し例外処理もありますが、難しくはありません。

【ルール概要】
 競り上げ式の競りゲーム。ただし、競りの途中に出したお金は戻さずに金額を釣り上げる必要があります。
 競りでは得点のかかれたタイルを競ります。最終的に最も得点を稼いだプレイヤーが勝利します。
 ただし、ゲームの最後に最もお金が少ないプレイヤーは得点計算に参加することなく脱落します。

【魅力その1 脱落者になるかならないかの緊張感】
 概要にも書いた通り、このゲームでは競りゲームながら最終的に所持金が最も少ないと脱落してしまいます。お金を稼ぐ手段はありませんので、競りでどこまでお金を使うか、使わせるかという駆け引きで脱落者が決まります。
 使った合計金額は正確にカウンティングしていない限りあやふやになるため、最後まで緊張感のある競りが楽しめます。


【魅力その2 アクシデントタイルによる変化】
 競る対象のタイルの中に、アクシデントタイルというマイナス効果のタイルが3種含まれています。これらは通常の得点になるタイルとは競りが異なり、「最初に降りたプレイヤーがタイルを受け取り、残りのプレイヤーは宣言してきた金額を支払う」競りになります。
 これにより、競りを繰り返すだけにもかかわらず単調さを感じることがありません。


【魅力その3 タイルの登場順で生まれるドラマ】
 ゲームはタイルの中に含まれる赤いタイルの4枚目が競り対象になったらその時点で終了します。
 競り対象のタイルはもちろんランダムに登場するので、場合によっては登場しないタイルが出てくることもあります。
 また登場順によって脱落者が変わることも頻繁なので、自然とドラマチックな展開になります。


【総評】
 クニツィア氏のデザインだけあってさすがの一言。競りゲームではこれ以上ないほどコンパクトなルールとドラマチックな展開でありながら、競り特有のヒリヒリした緊張感を全く損なっていないのが素晴らしいです。
 ニューゲームズオーダーさんの日本語版は競りの対象がタイルになっており、ちょっとした満足感が得られる点も好きです。
 ゲームを楽しむに…