スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

最近面白かったゲーム(2017/08/21)

1.サンファン(暫定評価:6)
 写真は撮り忘れたためなし。
 プエルトリコのカード版的位置付け。とはいえプエルトリコに比べると特殊効果が多めでプレイ感は結構異なる。カードの使い方が複数ある点は非常に面白い。
 自分はテキスト効果が苦手なので飛び抜けた評価とはいきませんでしたが、それでも楽しく遊べたので特殊効果による拡大再生が好みなら一度は遊んでみて欲しいゲームです。



2.センチュリー:スパイスロード(評価:6)

 写真は前回の使い回し。
 今回は速度重視で金コイン付きを無条件で狙ってみました。締め付け戦略の方の手が遅れてる間にゴールするも、高得点カードを集めてらした方が勝利。
 やはり少し単調は単調なのですが、飽きがくる頃には終わるので良い調整だと感じます。今後のシリーズ作による拡張が見込め、変化の楽しみな作品です。



3.イスタンブール(暫定評価:7)

 拡張なしは『短い小路』マップがいまいちで微妙な評価のまま積んでいたのですが、今回入れた拡張『コーヒーとお恵みを』で面白くなるとの噂を耳にして遊んでみることに。
 実際、非常に面白かったです。
 後手の選択肢がなくなっているように感じた前回に比べ、今回はマップが広くなっていることもあり後手でも困ることはありませんでした。
 また、柵の存在により、誰かが同じようなところをぐるぐる廻るのを妨害することができるようになりました。これで走っていそうなトップを止めやすくなったんじゃないかと。
 ギルドカードとコーヒーももちろん面白い要素です。
 コーヒーは貰える場所も数もちょうどよく、どこに行くのも悩ましいバランスです。
 ギルドカードは商人を動かす以外の選択肢が生まれ、これにより実質1手パスができるのが大きいと感じました。
 いまいちだと感じていたところから、拡張を入れて大きく評価が変わったゲームです。
 私同様拡張なしを一度遊んだきりになっている方は、是非一度拡張入りを試してみて欲しいです。



4.エルドラド(暫定評価:7)

 クニツィアのデッキビルド・レースゲーム。2度目のプレイは『ゴールライン』という直線の長いコース。
 2枚ドローできるカードが前回強かったのでそれを3枚集めることに成功するも、このコースでは通用せず。使い切りでも素早く森を切り開いていけるカードが必要だった。
 手札を残せるところといい、コースの差に…

最近面白かったゲーム(2017/08/07)

1.スターフォール(評価:7)

 自分好みな軽めの競りゲーム。
 星屑トークンを使って、星々の描かれたタイルを競ってセットコレクションする。
 組み合わせとしてはよくあるものだが、競りの方法がダッチオークションなのとお金が基本的に増えないのが良く、短時間で誰でもヒリヒリした競りが楽しめる。
 タイル構成表があると嬉しいゲームなので、そのうち作れたらいいなぁ。



2.アンロック!(評価:8)
 ネタバレになりかねないので写真はなし。
 今流行の脱出ゲーム系ボードゲーム。リアル脱出ゲームより、往年のフラッシュ脱出ゲームに近いプレイ感。
 カードを複数組み合わせて様々な課題をクリアしていく点もさることながら、個人的にはアプリの出来を賞賛したい。というのもこのアプリ、時間と進行具合にあわせて巧くヒントを出してくれるのだ。これがちょうどよく、そして気持ちよく解ける。
 謎解きの快感を知るのにも、既に知っている人にも面白い素晴らしいゲームだと思う。



3.テラミスティカ(評価:7)

 一度遊んだがゲーマーレベルが足りなかったため再プレイ。結果、まさかの一日に二回遊ぶことになった。
 要素が多く、キャラごとに特殊能力もあり本来なら好みでないのだが、例外処理が以前感じていたより実際は少なく、アクションもパスを含めて8種類であることをキチンと理解できたからか非常に楽しめた。
 ゲームとして楽しめるところまでは来たが、得点を稼いだり最初の種族ピックや初期配置はどうするといいかまだまだ見えていないところが多いので、今後も遊んでいきたい。
 関連商品として発売中の拡張や、今年はガイアプロジェクトと呼ばれる新シリーズ(?)も発売が予定なため、これらについても俄然注目し購入を検討したい。



4.大鎌戦役(暫定評価:8)

 ずっと遊びたいと思いながら積んでいた大鎌戦役をようやくプレイ!
 期待を超えて最高に面白かった。システムはゆるめのマルチゲーム。
 内政は拡大再生産方式だが、結構すぐに頭打ちするので拡大再生産の割には差がつきにくくなっている。ゆるい。
 もし仮に内政で差がついてしまっても、戦争で殴れば差を詰めることができる。では戦争が厳しいのかと言えばそうでもなく、様々な手段で戦争が起きにくいようデザインされている。
 ひとつ例をあげると、戦争に勝っても民心というパラメータが下がる可能性が高く、…