スキップしてメイン コンテンツに移動

評価について

評価基準
評価は10段階で、以下のBoardgameGeek(play:game)の点数基準に従っています。

10: 秀逸。常にプレイしたい。その意思が変わることは絶対にないだろう。
9: 素晴らしい。常にプレイしたい。
8: とても良いゲーム。進んでプレイしたい。他の人にも薦める。
7: 良いゲーム。大抵プレイしたい思うゲーム。
6: 平均的なゲーム。楽しく、遊びがいが有る。プレイするだろう。
5: 平均的なゲーム。プレイしてもしなくても、どちらでもという程度。
4: あまり良くないゲーム。付き合いで遊ぶ可能性はある。
3: 悪いゲーム。遊ぶことは無いが、 説得されれば遊んでも良い。
2: 非常に悪いゲーム。絶対にプレイしたくない。
1: ゲームとしての定義を外れている。ゲームとして壊れている。


◇評価の傾向
評価の傾向としては以下を重視しており、これらを満たすほど高評価になっていることが多いです。

●ゲームとして洗練されている
 ルールを効果的に配置しており、「ルール量:思考の重さ:面白さ」のバランスがよく、繰り返し遊ぶのに耐えうる強度をもつものは、ゲームとして磨かれている感触を覚えます。

●経験値を均す程度には運要素がある
 経験によって勝敗のつきにくい(今回のゲームで上手くやった、運が味方した人が勝ちやすい)ゲームが好きです。これは自分だけが経験者になりやすい環境で遊んでおり、かつ経験による実力差がはっきりしてしまうとお互いに楽しみにくい環境なためでもあります。

●楽しさまでのハードルが低い
 同じだけの面白さ、楽しさであれば、ルール量やセットアップ、はたまた定跡やプレイ時間まで含めてハードルが低いほど良いゲームだと考えています。

●ソロプレイでなく、かつ面白さをシステムが担保している
 他プレイヤーとの駆け引き、やり取りがアナログゲームの一つの醍醐味であると感じているため、一定以上のインタラクションがほしいです。しかし、あまりにインタラクションが強く、プレイの仕方によってゲームが壊れるようなゲームは好みではありません。よって、ガードレールに守られた上でインタラクションやシステムを楽しめるゲームが好みです。


コメント

このブログの人気の投稿

東京ゲームマーケット'18秋の注目作

東京ゲームマーケット'18秋の個人的な注目作からいくつかピックアップしてご紹介します。

ミステリーホームズ(StadioGG)
 ミステリーを題材にした招待隠匿系推理ゲーム。
 犯人は最初に犯行を行い、さらにアリバイ工作をします。犯行現場の状況や証拠から犯人とそのトリックを突き止める必要があるというのが面白そうです。
 招待隠匿系に推理系ゲームの論理パズルが上手く組み合わさった印象で、遊んでみたい作品です。

知略悪略(蒼猫の巣 出張所)
 名作メイフォロートリックテイキングのリメイク日本語版。長らくプレミア品だったこともあり、欲しい人は少なくなさそうです。

Colonize 植民地資本主義(off-box)
 カード効果メインのワーカープレイスメント。テキスト効果は確認した限りほぼなく、非常にシャープな印象を受けます。
 ルールを見る限りカツカツに絞られていて、強烈なジレンマが楽しめそうな作品です。

マメィ(HOY GAMES)
 リソース管理してセットコレクション。よくある組み合わせですが、これをウィンストンドラフトでやるというのは珍しい気がします。アミーゴ箱サイズらしいので、持ち歩いてさっと遊ぶのに重宝しそうな一作です。

ウェルカム トゥ(Engames)
 カード+紙ペンゲーム。今年流行した紙ペンゲーム系の作品。すでに個人輸入などで遊ばれた方の評判もよく、気になる作品です。

トリックと怪人(オインクゲームズ)
 こちらも昨年秋に話題となった「トリックと怪人」、そのオインクゲームズ版です。アートワークなどがオインクゲームズさんらしく変更されておりますが、ルールはほぼ変更なし。ずっと気になっていた作品のため、買って遊んでみたいです。

ボードゲーム・バッグ ver.2(Saashi & Saashi)
 ボードゲーム向けの大きなバッグです。
 ver.1を所持・愛用しているのですが、「もう少し肩掛けしやすいよう持ち手が長かったらなぁ」「一般的な厚みの大箱2つ入れるにはマチが少し足りないのが惜しいなぁ」と、ときどき思うことがありました。
 しかし、なんとver.2で上記の2点が改善されています。マストバイ!

狩猟の時代(A.I.Lab.遊)
 「航海の時代」を作られたA.I.Lab.遊さんの新作。配置と回収のいずれかを行う一風変わった…

最近の気になるゲーム(2017年エッセン)

今年のエッセン新作(と思われるもの)で気になる作品や注目されてる作品を独断と偏見でピックアップし、紹介したいと思います。

1.アーグラ
 『ラグランハ』や『ソラリウスミッション』のミハイル・ケラー氏の最新作。既にHobbyJapanさんから輸入版の販売が決まっており、予約受付中。自分もポチり済み。
 内容としては要素モリモリのワーカープレイスメントっぽい。英語ルールを少しだけ読みましたが、どうにも量が多くてざっくりとしか読めず……。
https://boardgamegeek.com/boardgame/230085/agra

2.クイーンドミノ
 キングドミノシリーズの2作目。キングドミノよりもう少しゲーマー向けとなった作品らしく、キングドミノが少し物足りなかった自分も楽しく遊べそうです。テンデイズゲームズさんより日本語版が発売予定。
 中でもキングドミノと組み合わせて遊ぶルールを『ロイヤルウェディング』と呼ぶらしく、一度遊んでみたいゲームです。
https://boardgamegeek.com/boardgame/232043/queendomino

3.ノーリア
 Spiel des Jahres fellowship in 2015で入賞したソフィア・ワーグナー氏のデビュー作。ホイールビルディングという新しいメカニクスと、スチームパンク的世界観が魅力。
 BGGでは既にHobbyJapanさんが出版予定になっているため、訳付きか日本語版が国内にも流通しそうです。
https://boardgamegeek.com/boardgame/233676/noria

4.Merlin
 フェルト氏とリーネック氏の共作。ダイスを使ったロンデルとのこと。フェルトのゲームは自分にとってハズレにくく、ロンデルのようなアクション管理ゲームは好みなので気になっています。
https://boardgamegeek.com/boardgame/230933/merlin

5.インディアンサマー(小春日和)
 コテージガーデンに続くウヴェ氏のパズル3部作の2作目らしい。
 穴の空いたピースが特徴的で、見た目も非常に華やか。パズルを埋めたら勝利なようなので、ゲーム終了時はそのフォトジェニックさを遺憾なく発揮できるんじゃないかと。
 こちらもBGGをみる限り既にHobbyJapanさんが…

【紹介】大鎌戦役

この記事はボドゲ紹介 Advent Calender 2017、4日目のものになります。
 詳しくは是非リンク先を!

 さて、今回は紹介ということで、僕が今年初めて遊んだ中で最も好きなゲーム、大鎌戦役を紹介したいと思います。


◯概要
 以下、アークライト様より引用。
 『サイズ』は1920年代のもうひとつの世界の舞台にした、重量級4X(探検・拡大・開発・破壊)ゲームである。そこは農業と戦争の時代、そして傷ついた心と古びた兵器、発明と勇気の時代であった。
欧州に積もる雪は人類最初の世界大戦の灰で黒ずんでいた。かの大戦に重装甲兵器《メック》を送り込んだ「ファクトリー」と呼ばれる大都市国家はその門戸を閉ざし、近隣国家に注視されていた。戦場へと赴く五カ国のうち、自分の帝国を東欧の支配者にまで成長させ、富と名声を得るのは誰か?
世界中で数々の賞を受賞した世紀の傑作重量級ゲームが、完全日本語版となって堂々登場!  というわけで、巨大兵器メックが闊歩し灰燼烟るディーゼルパンクな世界で、謎の大都市国家ファクトリーと東欧の覇権をめぐる、ドラマとロマンの溢れるゲームです。


◯魅力その1――シンプルなベース
 このゲーム、プレイ時間は115分の4Xゲームなだけあってそれなりにルール量があるんですが、実際にはそんなに難しいゲームじゃなかったりします。
 というのも、プレイヤーに与えられている選択肢はたった4つなのです。手番では個人ボードに描かれた4つの区画から、1区画を選択します。この1区画は上下に1アクションずつアクションが示されていて、この2アクションをそれぞれ実行できます。
 つまり、4組8アクションから1組2アクションを選ぶだけなんです。
 もちろんこの選択肢には各国の特殊能力なんかも絡んでくるので一筋縄ではいかないわけですが、それでも4つから1つを選ぶというのは比較的わかりやすいんじゃないかと。


◯魅力その2――直接攻撃の軽減
 4Xであり、戦争をテーマにしているだけあって戦闘がありますが、このゲームにおける戦闘は『殴りかかって勝ったのに痛い』可能性があります。
 というのも、ゲーム中に非戦闘員であるワーカーを戦闘に巻き込んだ場合、勝利点に直結する民心が下がるのです。
 また、戦闘で勝つために必要な軍事力は使い切りで、一度戦闘した後はしばらく戦闘で勝ちにくいというのも、戦闘を…