スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

最近面白かったゲーム(2017/06/12)

1.オルレアン(暫定評価:8)

 2015年のKdJノミネート、DSP2位の大作を遅れ馳せながら初プレイ。
 メインシステムは袋にチップを入れ、それをカスタマイズしていくプールビルド。まずチップをドローし、同時プロットでチップを各アクションに配置。その後、ひとつずつアクションを選んで実行していく。
 ゲームは全体で18ラウンドもあるが、同時プロットのおかげでサクサクと進むのが心地良い。欠点として衝立が付属していないが、いわゆる紳士淑女協定(プロット中は他人の個人ボードを見ない)で自分は気にならなかった。
 最初はよくわからないまま効率のよさそうなこと、できることをやっていくが、プレイ中に色々な気付きがあり、終わる頃には『次はもっと上手くできる』と思わせてくれる。ある程度どの要素もやる必要があるが、どれを優先するかは選べる感じなので様々な戦略が試せそう。
 総じてリプレイ欲が刺激される秀作。拡張も複数出ており、国内のショップにも時折入荷しているため手に入れたい。
 なお余談だが、日本語版には市民トークンの処理に関して少々致命的なエラッタがあるため、エラッタ情報を確認してから遊ぶことを推奨する。



2.ロイヤルターフ(暫定評価:7)

 クニツィア先生のレースゲーム。
 今回は6人かつ初プレイだったので公開賭けでプレイ。
 これがまた面白い! それぞれ馬に賭けた後、順にダイスを振ってどの馬を進めるのか選ぶだけなのだが、全員自分の得になるように馬を進めたいのでひどい主張がバシバシでる。ちょっと抜粋すると次のよう。

「馬の目だからスノーホワイト潰しておこうぜ」
「いや、ここは一番勝ってるAさん潰すためにブラックストーリーを」
「ちょっと待て、馬の目ならまた出て誰か潰してくれるからオレンジーナ進めよう」
「いやそれ全部俺の得にならないだろ!(←振った人)」

 また、馬の選択肢は7頭全てが一度ずつ進むまで再度選ぶことができないため、最後の2頭辺りはダイス振る手に力がこもる。
 システム的な深みはまだわかっていないが、非常に面白いゲームであることは間違いない。3~4人でオススメとされる、非公開賭けのルールも試してみたい。



3.イス山さん(暫定評価:7)

 見た目通りのバランスゲームだが、縦にまっすぐ/滑りやすいように/ちょっと引っ掛けるだけ/足を上手く絡ませてなど、積み方の多様性が…